デイトレ初心者のみんな~!

デイトレの始め方とつき合い方

またダメだっだ,ぐすん。

 

<今日のトレード:開始から79回目>

今日の朝メモは「10秒」でした。

・トレード銘柄:シャノン(3976),IGS(4265),テーオーHD(9812),IBJ(6071),くふうカンパニー(4376),ティムス(3976),ELEMENTS(5246),山大(7426),

・結果:27勝17敗1分(収支はマイナス

 

ぜんぜん上手く行かない

また今日も勝率6割で収支がマイナスだった。

これってダメダメなトレードの典型パターン。

なにがダメなのかなー。ちょっともう分からなくなってきた。

たぶんトレードがブレブレなんだとおもう。

選択銘柄動かず。慎重な様子見の直後に被弾

昨夜までに選んでおいた銘柄が20銘柄近くあったんだけど,寄りからストップ高の銘柄を除くと,なんか動きがすごく鈍かった。

ボクがいいタイミングを見逃してたんだろうけど,時間を遅くする魔法でもかけられてるんじゃないかと思った。

今日は値動きが荒い寄り付きから5分間くらいを,慎重に様子を見てからエントリーしたのに,あっさり成行爆弾にやられちゃった。

9時15分くらいには,損失がもう5千円を超えてた。ショック。

 

こつこつと利益を積み上げる

9時15分頃から11時過ぎまでは,こつこつ利確して,なんとかプラ転できた。

ちょっとホッとした。

今日はここで止めればよかったな。

11時15分頃からの10分間に,たった一発の大砲を浴びて,また一気にマイ転。

萎える~。

 

後場は危うく乱心

前場に損切りできなかったテーオーの500株を損切り。

どうせ損切りするなら待つなよ~。結局待っても待たなくても同じだったじゃないかー。

損失が拡大。ばかばか!

その後はたぶんトレードが荒っぽく雑になっていて,プラ転に近づいてはマイナスが増え,また近づいてはマイナスになりを繰り返して,危うく発狂しそうになる。

こんな不安定なトレードはダメだ~。

 

最後はだいぶ取り返したもののマイナスで終わり

乱心しそうになるのを何とか堪えて(堪えられてなかったかもだけど),最後のトレードで1万円取り戻したけど,結局は今日もマイナスで終了。

テーオー(9812)の最後の5分足見て。

窓を大きく開けて陽線で終わってるんですよ。

これじつは大引け2分前までストップ高だったの。で,2分前にびょーんって上がって,えー!と叫んで終わり。

大引け2分前なんて怖くてトレードできないよ。

 

あー,今日もだめだったなー。

トレードを終えてから,お姉さんが(実のお姉さんね)よく当たるって言ってる占いのホームページから,ボクの今週の運勢をメールで送ってきてくれてたのを思い出したから見てみた。

自分で自分にダメ出しをしてしまう場面が多いかもしれません。

そのまんまじゃないかー!

 

ぐすん。明日もがんばる。

 

ランキング参加中です。一人でも多くの人にブログを読んでもらいたいので,ランキングボタンのクリックをよろしくお願いします!

デイトレードランキング にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
にほんブログ村


SBI証券[旧イー・トレード証券] 松井証券 株・投資信託ならネット証券のマネックス auカブコム証券 口座開設

デイトレは何に喩えられるんだろう?

(今日はノートレ日)

 

勝った,負けたって言う?

「パルクールみたいなトレードをしたい」なんて,乙女チックなことをボクは考えているのですが,それというのも「勝った,負けた」っていう言い方がなんかかわいくないなと思っているからなんです(ふだんボクも使うけど)。

株式の売買は商いだから,いま風に言えばビジネスなんだけど,ビジネスで「勝った,負けた」って言う?

「儲けた,損した」ならわかるんですけどねー。

 

博打っぽいというか,ギャンブルっぽいというか(同じか),勝負事の世界にされちゃってるから,今日はデイトレを何に喩えられるかあれこれ考えてました。

でもいろいろ用事を済ませてたら(アニメの「ホリミヤ」を一気見したり,アニメの「鬼滅の刃ー竈門炭治郎 立志編」を再度一気見したり),ブログ書くのが遅くなっちゃった。

 

ギャンブル?

これはたぶん世間一般にそういうイメージが強いんじゃないかなと思ってます。

「資金50万円から億り人」なんていう話って,ノリとしては宝くじや競馬で一発あてた感があるし(ほんとはそうじゃないんだろうけど),空売り失敗で生活破綻とか聞くと「資産形成」の範囲に入ってくる感じがしない。

ギャンブル依存の治療で有名な病院のホームページには,ギャンブルがこう説明されています。

ギャンブルとは、あるものを賭けてより価値のあるものを手にいれる行為をいいます。 勝つか負けるかはほとんど偶然に支配されています。 日本では、競馬、競輪、競艇、オートレースなどの公営ギャンブルや、宝くじ、スポーツくじ、パチンコ、スロットの遊技などがギャンブルにあてはまるでしょう。

競馬や競輪,サッカーなどの競技が,スポーツでもありギャンブルでもあるのはおもしろいと思いました。

ただ,「勝つか負けるかはほとんど偶然に支配されています」っていうのは,日常のあらゆることに当てはまる気がして(またタレブの影響が…),そういう意味ならデイトレもギャンブルかもだけど,「じゃあほかのビジネスはそうじゃないの」っていうことについては,「ちがうよ」と言われてもいまいちピンとこない。

ゲーム?

Jumping Point!!のらいおんまるさんが「デイトレはゲーム」という表現を明確に使っていたと思います。

これもたぶんわりとよく見られる喩えかな。

"game"っていう単語の語源を「エティモンラインー英語語源辞典」で調べてみたら,

古英語のgamen「喜び、楽しみ;ゲーム、娯楽」から来ています。(中略)ルールに従って勝利や優越を競う「競技」という意味は約1200年頃に初めて見られます(陸上競技、チェス、バックギャモンに関して)。特に「狩猟、釣り、鷹狩り、鳥狩りのスポーツ」(1300年頃)

気づいた人も多いと思いますが,gameとgambleは頭の3文字が一緒でgameからの派生形の可能性もあるようです。gameの方が500~600年くらい先輩みたい。

この「ルールに従って優越を競う」のも,やっぱり日常の多くに当てはまるよなーと思います。

それとは別に,インターネットゲームっていう感じもありますね。

トレードしてる様子や機材は見た目まったく同じだし。

デイトレーダーという職人?職人芸?

「板読み」とか「チャート読み」っていう言い方には職人気質な感じがありますね。

最近は「スキル」っていう言葉がすっかり定着したけど,技能とか技術っていう日本語にちょっと高級な洋風ソースをかけたみたいで,実態としてはふわふわした言葉だなと感じます(「テクニック」があまり使われなくなった気もする)。

技能労働者っていうと建築と採掘,輸送なんかの現場仕事をする人を指すみたいだから,職人さんはこっちに近いのかなぁ。

デイトレの本や動画では「板読みテクニック」と言われてたりもするから,現代寄りの職人芸っていう認識があるのでしょうか。

心理戦?

「心理戦」っていう言い方も,ホントによく見かけます。

もちろん大砲とか機関銃を撃つ戦争や,戦国時代の「戦」にも喩えられるけど,物理的な攻撃をしないからか,「心理」っていう点が強調されてる感じ。

これはボクが初心者で下手だからかもしれないけど,誰かと戦ってる感じは全然しないんですよー(だからダメなのかなぁ)。

この言い方は上級者に多い印象だけど,ほかのトレーダーを心理的に操作してる実感があるんだろうか?

大口じゃない個人投資家にはそんなことできそうもないから,「いまほかのトレーダーはこう思ってるんだろう」という解釈能力とか共感能力のことを心理戦と言っているのかもしれません。

商人

さっき株式の売買は商いだと書いたし,事実商いをしているんだけど,デイトレーダーを商人に喩えてるのって見たことがない。

これは不思議で興味深い!と思いました。

デイトレードは「日計り取引」という商行為なのに,商人に喩える人がいないのは,当たり前すぎるからなんでしょうか。

それとも「商売」っていうと物の売り買いをするイメージだからかな?

アート

「アート」っていうとこれまたふわふわした言葉なんだけど,もともとは「人の手で作られるもの」という意味だったらしい。それが芸術や美術という狭い意味でつかわれるようになったのは17世紀頃からなんだそうな。

元の意味を考えると職人的だけど,デイトレを芸術に喩えるのは見たことがない。

「芸術的な損切り」とか「アーティスティックな利確」とか,言い方としてはおもしろいけど。

 

錬金術

「金」を「ゴールド」の意味で使うか「マネー」の意味で使うかで歴史もニュアンスもちがうけど,どっちかというとデイトレはマネーの方の錬金術に近いんだろうな。

なぜかちょっとインチキ臭いというか,あぶく銭を増やすみたいなイメージが一般にはある気がする(自己卑下しすぎ?)。

投資の世界に限定して考えても,これはしばしば不思議に思うのですが,長期投資は知的で上品だけど,デイトレは品がないというか野卑というか,とにかく劣等視されてる感じがして仕方がない(ボクがそう見られるのをまちがいとは断言できないんだけどね)。

 

超富裕層が資産を増やすのには適していないからなのかなぁ。

(デイトレしない人向けに解説すると,何百億も資産がある人は,資産規模に見合った投資をしようとすると1つの銘柄の注文を丸ごと買えちゃったりするからトレードにならないんですよ)

 

なんかあんまりいい喩えが見つからない

いろいろ考えてみたんだけど,あんまりいい喩えが見つからなかった。

スポーツ,芸術,学問,旅,釣り,ボクシング(スポーツか),格闘技,占い,確率計算・・・。

どれも一面をとらえてはいると思うけど,ピッタリはまる感じじゃないんだなぁ。

どうしてなんだろう?

それだけ複雑ってことにちがいないけど,それは人間のあらゆる活動に言えることだから,デイトレに限った話じゃない。

デイトレはデイトレってことなのかな(こんだけ長文を読ませといて!?)

まぁ,ボクの中では最初からパルクールなんだけど。

 

リスクを相手にした何か

デイトレをするようになってから,「リスク」っていう言葉がすごく身近になった。

とにかく良くも悪くも,リスクを相手に何かしてるって感じ。

リスクはかわいい子猫みたいな時もあるし,獰猛な肉食獣や怪物になるときもある(今のところそれに出会うような場に行ってないけど)。

そうやってころころと姿を変える魔物相手に,仲良くしようとか,首輪をつけてやろうと四苦八苦するのが,今のボクのデイトレかなーと思いました。

 

今週もがんばるぞー。

 

ランキング参加中です。一人でも多くの人にブログを読んでもらいたいので,ランキングボタンのクリックをよろしくお願いします!

デイトレードランキング にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
にほんブログ村


SBI証券[旧イー・トレード証券] 松井証券 株・投資信託ならネット証券のマネックス auカブコム証券 口座開設

初めてブログの分析をしてみたー読まれてるデイトレブログとは?

(今日はノートレ日)

 

ボクが書くブログはどんな人に届いているんだろうとか,読まれてるデイトレブログって,どんなブログなんだろうと,以前から漠然と思っていたので,今日はちょっと分析してみました。

 

どんな人が読んでくれてるのか

まずはグーグルサチコンの検索パフォーマンスを確認してみました。

ここで1つ勉強になったのは,「平均掲載順位」にデフォルトではチェックが入っていないのですが,チェックを入れるとグラフの線が追加され,グラフの次に表示される表にも平均掲載順位が追加されることでした。

ブログタイトルのおかげでしょうか,「デイトレブログ 初心者」という検索ワードで順位が高いみたいです。

そして「両建て」の記事が読まれているところを見ると,悩んでいる人が多いらしい。

 

意外だったのは,ボクのブログをスマホで読んでる人が多いってことです(当たり前なの?)。

 

どんなデイトレブログが読まれているのか

次に調べたのは,ランキング上位のデイトレブログと,ボクのブログの違いです。

ボクのブログは「デイトレ ブログ」だと掲載順位が20位くらいだったので,1位~20位のブログを読んでみました。

 

1位は「人気ブログランキング」の「株式デイトレード」でした。

つまり人気のブログをまずここで調べてから,読みに行くっていう感じなんでしょうか。

2位~6位は下のような感じです。

7位以降も見てみたのですが,ランキングサイトをのぞくと,ボクのブログは13番目に出てきました(数字が不吉だ)。

1位~12位までのブログとボクのブログを比較して,とても明確なちがいは,「無駄話の多さ」でした。あはは。

読まれてるブログは,1日とか月間の収支や,銘柄ごとの損益を,トレーディングツールで実現損益をスクリーンショットして掲載してる人がほとんどでした。

たしかにその情報は参考になるもんなー。

 

今後はどうしよう

というわけで,ボクがブログで億万長者になるには,スマホで見る人にとって読みやすいかを気をつけるということと,1日の損益や銘柄ごとの損益,つまり人が見てトレードの参考になるような情報をのせる必要があるってとこでしょうか。

 

損益のせるのはちょっと恥ずかしいな…。

でもやってみると自分の課題を整理するのにいいのかも。

無駄話は・・・させてくれー!

 

ランキング参加中です。一人でも多くの人にブログを読んでもらいたいので,ランキングボタンのクリックをよろしくお願いします!

デイトレードランキング にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
にほんブログ村


SBI証券[旧イー・トレード証券] 松井証券 株・投資信託ならネット証券のマネックス auカブコム証券 口座開設